コラム|TMPS医学館

  • TMPSとは
  • 体験記
  • 講座案内
  • 合宿
  • 講師紹介
  • 父母の皆様へ(PTSA会)
  • 校舎アクセス
  • メディア紹介

歯科医師と医者では学ぶ課目に相違点があります。また、診察する部位も医師に比べて限られますが、全身麻酔や呼吸管理や死亡診断書も書くことも可能で、医療分野における重要な資格です。

・・・つづきはこちら

歯科医師養成課程を持つ大学は、日本には29機関あります。伝統校は、終戦時に存在していた歯科医学専門学校のうち、廃校にならずに大学に昇格した6歯科大学の旧六と呼ばれる6校が挙げられます。

・・・つづきはこちら

歯学部の歯学過程は、一般の大学過程とは違い、医学部同様、6年間が最低の就業年数です。厳しい臨床実習などを経て、卒業後は国家資格を取得や卒後臨床研修なども課される厳しい教育システムなのです。

・・・つづきはこちら

歯科大学の学費は、国立では約600万円、私立で約3000万円前後。他に寄付金や実習費を負担する場合もあります。学費の準備が困難な場合は、特待生制度や教育ローンを利用する方法があります。

・・・つづきはこちら

歯科医師国家試験は歯科医師の免許取得を主とした国家試験のことを言います。これは歯科医師法第2条、第6条の定めに則り、歯科医師を志すためにはこの試験を合格し歯科医籍に登録することが前提になります。

・・・つづきはこちら

歯科医師国家試験の難易度は年々上昇傾向にあります。その理由として現在増加している歯科医師の数を減らす方針を厚生労働省と文部科学省が定めており、合格基準を引き上げることでそれを試みているのです。

・・・つづきはこちら

歯科部では以外にも男女比にたいした差はありません。また近年では女性が活躍する職業の1つとして、歯科医師の需要が高まっていることもあり、国家資格を取得したいと考える女性の割合も増えてきています。

・・・つづきはこちら