医学部志望の子どもの保護者が知っておきたいこと|TMPS医学館

  • TMPSとは
  • 体験記
  • 講座案内
  • 合宿
  • 講師紹介
  • 父母の皆様へ(PTSA会)
  • 校舎アクセス
  • メディア紹介
TMPS医学館 > 医学部・歯学部合格のために知っておきたいこと > 医学部志望の子どもの保護者が知っておきたいこと
医学部志望の子どもの保護者が知っておきたいこと

代々、医者の家系、親族が病院をやっているという人はもちろん、
子どものころから医者になりたかった、など医学部を目指している理由は様々ですが、
医学部というのは他の学部と違って特種で、倍率もケタ違いです。
浪人生が減っている現在でも、医学部を目指す子どもは浪人することも厭いません。
浪人生は医学部専用の勉強を毎日一日中できますが、高校生は普段の授業もあるので、
どうしても浪人生と比べて医学部用の勉強時間は少なくなります。
しかし、高校生でも通える医学部専門の予備校もあり、かなり高度な勉強が可能となり合格に近づけます。
医師になりたいがために必死で頑張っている子どもを支えるのは親の役目です。
こちらでは、「医学部に入学させるための費用や奨学金について」など、
医学部志望の子どもの保護者が知っておきたいことに関して、詳しく解説しています。

医師になりたいがために必死で頑張っている子どもを支えるのは親の役目です。高校生でも通える医学部専門の予備校もあり、そこだとかなり高度な勉強が可能になり合格に近づきます。

・・・つづきはこちら

医学部に入ると多額の費用が必要となります。学費は国公立で400万円弱、私立で平均3000万円ほどです。他にも書籍代や国家試験の対策講座の費用を保護者が負担することになるでしょう。

・・・つづきはこちら

医者になりたい子どもの親がサラリーマンの場合、医学部に入学させるための費用で困るかもしれません。国公立だと安いですが私立だと高いです。また奨学金についても調べましょう。

・・・つづきはこちら

医学部浪人は時間の無駄ということはなく、基礎知識をしっかりと見につけるための時間と捕えるべきでしょう。浪人を経験して医学部に合格をし入学している人も多数いるのです。

・・・つづきはこちら

医学部入学を検討しているなら、志望候補のオープンキャンパス巡りをすべきです。カリキュラムや学校内の雰囲気、環境などをチェックしてください。できれば親も同伴しましょう。

・・・つづきはこちら

医学部志望の子どもに対しての親の接し方は、一般的な受験生よりも難しいでしょう。間違っても言ってはならない言葉を口にしてはいけません。子どもの自主性を重んじることも大切です。

・・・つづきはこちら

子どもを医学部に進学させたいけれど文系だからと諦めている保護者もいるでしょう。しかし、文系でも試験にさえ合格すれば医学部には入れますし、編入をするという方法もあります。

・・・つづきはこちら

医学部の入学は、女子よりも男子が有利という話があります。一部の私立大学医学部では男子を積極的にとっているケースもあるようです。もちろん分け隔てなく合格させるところもあります。

・・・つづきはこちら

医学部受験の際には筆記以外にも、面接試験が行われることも多いです。ただ頭が良いという人間ではなく、医師としての資質を有しているであろう学生を入学させる傾向にあります。

・・・つづきはこちら

医者の保護者は医者だというケースが多いとされていますが、それは事実です。医学部受験を志す子どもは当然医学に関心を持っていますが、親が医者だとそのきっかけを得やすいです。

・・・つづきはこちら

医学部を設けている大学には国立と私立がありますが、国立だと保護者への負担も少ないでしょう。ですが私立大学の医学部の場合6年間で平均3000万円ほどの学費が必要になるでしょう。

・・・つづきはこちら

医学部は私立大学だと基本的に学費が高いですが、一人暮らしをすることになると費用負担はより増えます。毎月の家賃や水道光熱費、食事代や雑費など、思わぬ出費も想定されます。

・・・つづきはこちら

医学部を受験して入学となると、どうしても多額のお金がかかってしまうことは否めません。そんな時には奨学金が心強い助けとなるでしょう。日本学生支援機構以外にも様々な奨学金があります。

・・・つづきはこちら

仮面浪人をして医学部入学を目指すことは十分可能です。しかし簡単ではありませんから、自分を律してしっかりと勉強に励むことが大切です。費用もかかりますし十分検討しましょう。

・・・つづきはこちら

医学部を目指したいけど高校1年生からじゃ遅いかな…という場合でも諦めないでください。早いうちから目指す方が有利ではありますが、努力次第では決して無理なことではないのです。

・・・つづきはこちら

大学を受験させる保護者は、たいてい滑り止めの大学も受験させることでしょう。たくさん受験させて合格を貰ったとしても入れるのは1校ですので、上手く受験校を絞ることが大切です。

・・・つづきはこちら

医学部のある大学選びは、将来の働き方によって決めると良いでしょう。研究職なら難関でも国立医大を目指し、臨床医なら働きたい地域の大学を目指すことをおすすめします。

・・・つづきはこちら

私大医学部は学費が高いことでもおなじみです。十分なお金のある保護者ならば問題ありませんが、一般家庭には厳しい部分もあるのが現実です。奨学金や特待生制度を活用しましょう。

・・・つづきはこちら

私大の医学部は公立大学医学部に比べてかかる費用は高額でしょう。しかし私大しか道がないというケースもあるはずです。私大医学部の中にも順天堂大学のように安いところもあります。

・・・つづきはこちら

医学部でもAO入試を取り入れている所は増えてきました。一般入試以上に医師になるということに対しての情熱が必要かもしれません。AO入試という制度を賢く活用していきたいです。

・・・つづきはこちら

医学部でかかる費用を支払える保護者ばかりではありません。医学生修学資金の貸与を受けて医師を目指す方法もあります。条件次第では返還免除となる場合もあるので賢く活用したいです。

・・・つづきはこちら

医者になりたい人が歯学部に通ってもモチベーションを保つことは難しいでしょう。仮面浪人するにしても歯学部はハードなため難しく、保護者の経済的負担も大きくなります。

・・・つづきはこちら

医学部学士編入は大学を卒業した人が資格を有する編入制度です。出身大学での文系・理系は問われません。一般入試よりも科目は少ないもののレベルはそれなりに高いようです。

・・・つづきはこちら

女医は女性ならではのケアができる素晴らしい職業です。しかし、女性が働きやすい環境であるとは決して言えません。女医になるには何事にも負けない心構えが必要なのです。

・・・つづきはこちら

医学部受験を控える子供を持つ保護者は、深夜に夜食を与えてあげることもあるでしょう。しかし、深夜に高カロリーな食事は健康的ではありません。少量でも満足感のある夜食を心がけましょう。

・・・つづきはこちら

医学部は必修科目が多く、一つでも不合格を出せば留年となるため、留年が多い学部と言われています。留年すると1年分の学費を余計に支払わなければならず、大きな痛手となります。

・・・つづきはこちら

医学部受験生はどうしても運動不足になりがちです。しかし、運動はストレス解消や強い体作りになるだけでなく、種類によって記憶力を上げたり集中力を高めたりすることもできます。

・・・つづきはこちら

医学部への入学は難しいかもしれませんが、保護者が子供を様々な面でバックアップすることが大事です。例えば間食・おやつをどのようなものにするかというのも重要なことでしょう。

・・・つづきはこちら

医学部に入ると遊べないと思っているかもしれませんが、そのようなことはありません。通常の学部よりはハードな面はありますが、医師という夢に向かって頑張っていけるはずです。

・・・つづきはこちら

医者には内科、外科など、いろいろな診療科目の医者がいます。それぞれ稼ぎやすさは異なりますが、平均年収はサラリーマンとは雲泥の差です。腎臓内科も稼ぎやすいとされています。

・・・つづきはこちら

受験生勉強は眠気との戦いです。眠気覚ましの効果がある飲み物として一般的なのがコーヒーなどに含まれるカフェインです。そこでカフェイン含有量の高い飲み物や飲み方についてご紹介します。

・・・つづきはこちら

一年に一度しかない受験。試験が近づくにつれて緊張し、当日は緊張で実力を十分に発揮できなくなる人もいるのでは。そこで、簡単にリラックス状態になれる方法をご紹介します。

・・・つづきはこちら

医学部など難関な大学を目指して受験勉強をしている人におすすめなのが体を動かすことです。ストレッチや体操などで、体を動かすと脳も活性化され学習能力のアップが期待できます。

・・・つづきはこちら

毎年、年明けから3月にかけて受験シーズンが始まりますので、合格を祈願する受験生や受験生の保護者は神社に参拝に行かれる方が多くいると思います。そこで、医学部受験生におすすめ合格祈願神社をご紹介します。

・・・つづきはこちら

将来、子どもを医者にさせたい、なってほしいと望む保護者の方が多くいると思います。子どもが医者になったとき、開業医になるか勤務医になるか、保護者の立場として得する方を選びたいものです。

・・・つづきはこちら

医者にも都内勤務と地方勤務がありますが、どちらがいいのかわからない方もいるでしょう。今回は、地方勤務のメリットとデメリットをご紹介します。

・・・つづきはこちら

臨床医といえば内科医、外科医などのように病院で患者を診察する存在です。しかし研究医というものもあり、これは大学病院や研究機関などで病気などについての研究をしています。

・・・つづきはこちら

大学病院といえば規模が大きな病院ですのでいろいろな種類の医者が在籍しています。臨床医だけではなくて研究医、そして医学生に対して教育をしている医者も在籍しています。

・・・つづきはこちら

将来、子どもを医者にさせたい、なってほしいと望む保護者の方が多くいると思います。子どもが医者になったとき、開業医になるか勤務医になるか、保護者の立場として得する方を選びたいものです。

・・・つづきはこちら

医学部生は常に勉強しているイメージもありますが、アルバイトをする時間も作ることができます。おすすめは家庭教師や塾講師といった仕事で、これであれば学力も活かせますし時給も高いです。

・・・つづきはこちら

医学部を目指すきっかけや時期は本当に様々で、育った環境によっても変わってきます。中学入学段階で目指している人は多いとはいえず、それ以降に決意する人が多いでしょう。

・・・つづきはこちら

医学部を出て医師免許があると一人前の医者というわけではありません。研修医として一定期間過ごす必要がありますし、浪人や留年をしてしまうと一人前になるまでに時間がかかります。

・・・つづきはこちら

医学部進学を子供が希望して受験をすることになった場合、保護者が一番気になるのは倍率でしょう。高いから難易度が高い学校であるとは言えませんし、合格率が低くなるということも言えません。

・・・つづきはこちら

医学部合格へ向けて進んでいきたいのであれば寮のある予備校がおすすめです。効率よく勉強をすることが出来るので保護者のもとにいるよりもはるかに合格率がアップします。

・・・つづきはこちら

医者になるまでの過程では、まずは医学部に入学してその後無事卒業をして国家試験に合格をしなければなりません。保護者は勉強ができる良い環境の予備校を探すことが必要です。

・・・つづきはこちら

医学部は他の学部に比べて難易度が高いこともありますが、年齢制限は設けられていないので、浪人などをして何回もチャレンジするケースもあります。予備校で効率的に学ぶことも大切です。

・・・つづきはこちら

医学部に入学するというのはとても大変です。比較的、勉強時間を多めに設定してしまいがちですが、体を壊さないように注意することや、計画的な効率の良い勉強が重要となります。

・・・つづきはこちら

医学部生でも勉強だけではなく、実習もあり、体力は必要です。医師になってからも、長時間の手術や当直勤務などで体力は必要なので、日頃からの体力作りに心掛けましょう。

・・・つづきはこちら

医学部受験をするのは受験生本人ですが、保護者との良い関係性が合格につながるカギになります。そのため日頃からサポートを行い、親子での良い関わり方をしていきましょう。

・・・つづきはこちら

医学部進学を希望する時は推薦入試の方が倍率が低いというメリットがあります。そのため医師を目指すのなら高校1年生から保護者も一緒になって受験の準備を始めましょう。

・・・つづきはこちら

医学部を目指す子を持つ保護者としては日本の医療が抱える現状と問題も把握しておきましょう。現在の日本では医師不足や働きやすい環境の整備などの必要性が叫ばれています。

・・・つづきはこちら

将来、子どもを医学部に合格させたいと考えている保護者は、早い段階から対策や準備を始めましょう。中学生から勉強を始めると、勉強の習慣や自己管理能力が身につくメリットがあります。

・・・つづきはこちら

医師になってほしいと望む保護者は多いです。地方の病院では医師の人手不足が問題となっており、医師のニーズが高まっています。医学部の受験対策は早い段階から行いましょう。

・・・つづきはこちら

医師のような安定した職業に就いてもらいたいと考える保護者が多いのではないでしょうか。診療科によって収入が異なります。早い段階から予備校などに通い、受験対策を始めましょう。

・・・つづきはこちら

医学部入学のためには優秀な成績が必要なこともあり、成績の良さが目指すきっかけになることもあります。身内に医療関係者がいる、医療の力で救われた経験により目指したという人もいます。

・・・つづきはこちら

医学部を目指して受験勉強を行っている子どもは精神的に敏感ですから、保護者は嫌なことを言わないようにしたいです。勉強に関して口うるさく言ったり、意見の押し付けなどはやめてください。

・・・つづきはこちら

医学部に通う家庭の中で、保護者が医師の割合は高いです。単に金銭的に有利だっただけではなく、親が医師として働く姿を見て憧れを持って目指した人もいます。私立は、高収入家庭が多いです。

・・・つづきはこちら

医学部を受験する子供を持つ保護者は、自分が受験をする立場ではなくても子供の気持ちになり、プレッシャーを感じていることが多いはずですが、プレッシャーに負けない気持ちでいましょう。

・・・つづきはこちら

医学部で勉強しておくと有利な教科のひとつに英語があります。医学用語だけでも英単語を覚えたり、最低限の文法は理解しておきましょう。保護者も医学英語に力を入れてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

以前の医学部を構える学校には、学費の問題などで断念する人がいましたが、現在では学費の減額や、奨学金制度の充実で医学部を選ぶ人が増えたため、人気が高まっています。

・・・つづきはこちら

医学部を受験する上で、大学選びは相性が大切です。模試の結果が悪くても相性が良い大学は合格の可能性を広げます。保護者も子供と一緒になって相性の良い大学を探してみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

医学部の受験には、面接があります。家でも、保護者が面接官となり面接の練習をしてみてはいかがでしょうか。その際には、保護者もどのような質問があるのかを把握する必要があります。

・・・つづきはこちら

医学部受験の最適な環境は地方か都内か悩む保護者も少なくありません。それぞれにメリットとデメリットがあるため、子供の意見も聞きつつ、保護者が客観的に判断してあげる必要があるでしょう。

・・・つづきはこちら