偏差値40から医学部合格を目指すなら医科大学専門予備校のTMPS医学館!少人数指導で合格する勉強法をお教えします!

  • TMPSとは
  • 講座案内
  • 講師紹介
  • 体験記
  • 合宿
  • 父母の皆様へ(PTSA会)
  • 校舎アクセス
  • メディア紹介
TMPS医学館 > 講師紹介 > 鏑木先生

講師紹介

英語

鏑木先生

鏑木先生からのメッセージ

TMPS医学館で英語を担当している鏑木<カブラギ>です。予備校で教鞭をとるようになり20数年になります。
その中でつくづく感じたことは、どんな生徒にとっても、大学合格レベルの英語は「一朝一夕ではものにならない」ということです。英語という科目は他の科目に比べると時間も労力もかかります。しかも医学部合格レベルの英語力となれば、さらに高い目標となります。この目標に到達するには、かなりの時間と相当な努力が必要になります。これが医学部受験の大前提です。

しかし、単に「医学部受験は厳しい」と言いたいのではありません。厳しいのは現実ですし難しいのも確かですが、正しい方法と日々の努力を惜しまない姿勢があれば到達できる目標です。正しい方法はスタート時点での正しい認識に基づきます。ちょっとイメージトレーニングをしてみましょう。

まずは、東京から九州の鹿児島まで、10ヶ月間かけて、徒歩で向かうあなた自身をイメージして下さい。
10ヶ月間という設定はもちろん4月の開講から受験本番までの期間です。あなたの現在の偏差値が50であれば、出発点のイメージは東京に設定。東京から出発すると目的地の鹿児島まではおよそ1500kmの道程。徒歩で行くには気が遠くなるほどの長距離です。ただ時間は10ヶ月あります。
単純に考えれば、1ヶ月に150km進めばいいわけです。毎日歩くなら5kmです。1時間余りで行けますよね。ただこれは10ヶ月間、毎日休まず歩くという条件下での計算。その間には暑い日も寒い日も、雨の日も風の日も、あるいはあなたの体調がすぐれない日もあるでしょう。
平坦な道ばかりでなく、山道もあれば川が横たわっていることもあるでしょう。それでもなお踏破できない距離ではないですし、これには運動神経の有無もあまり関係ありませんよね。大事なのは1500kmを歩き切る意志と休むことない毎日の努力です。あなたの偏差値が40ならば、出発点のイメージは仙台に、偏差値が60ならば京都に設定しましょう。
それぞれ目的地の鹿児島までの距離は2000kmと1000kmです。やはり大変なことに変わりありませんが、確固たる意思と日々の努力があれば無理な距離ではないはずです。

これが医学部受験をスタートするイメージです。自分のスタート位置と1年間で踏破する距離をイメージして下さい。
それができたら、後は正しい方法で歩みを始めましょう。
私たち講師とスタッフがあなたと一緒に歩み、正しいルートを案内します。最後にもう1度、大事なのは歩き切る意志と日々の努力です。

講師一覧に戻る

ページ上部へ戻る

入学資料送付のご希望やご質問等は、お気軽にお問い合わせください。

TMPS医学館 お問い合わせ TEL : 03-3365-4114 お問い合わせ受付時間 11:00-18:00

資料請求・お問い合わせフォームはこちら

入学資料送付のご希望やご質問等は、お気軽にお問い合わせください。

0120-142-764

資料請求・お問い合わせフォームはこちら

株式会社 東京医歯薬看護予備校 高田馬場校
  • 東京都新宿区下落合1-3-20
  • 03-3365-4114
  • 03-3365-4113