偏差値40から医学部合格を目指すなら医科大学専門予備校のTMPS医学館!少人数指導で合格する勉強法をお教えします!

  • TMPSとは
  • 講座案内
  • 講師紹介
  • 体験記
  • 合宿
  • 父母の皆様へ(PTSA会)
  • 校舎アクセス
  • メディア紹介
TMPS医学館 > 講師紹介 > 月村先生

講師紹介

英語

月村先生

月村先生からのメッセージ

TMPS医学館の英語教材の柱は3つある。第1は文法教材である。各々の言語には、それぞれに独自な言葉の使用規則がある。こうした言葉の使用規則を学ぶのが文法学習である。文法教材は文法分野の入試問題を誤りなく処理する解答力を培う。たしかに、近年文法に特化した入試問題は減少しつつある。しかし、豊かな文法知識は解答力の他に言葉の使用規則にそって配列された英語情報を正確かつ敏速につかみ取るいわゆる英語能の発達を促してくれるはずである。

第2は構文教材である。英語には倒置構文、強調構文、省略構文といった日本語とは異なる情報構造がある。こうした情報構造をすばやく感知する英語能を磨くのが構文教材の役割である。近年、千語数を超える超長文の出題が急増する中で速読術に脚光が当てられている。また、百語数を超える自由英作文を出題する大学も少なくない。こうした今日的傾向に対応するには、英語の情報構造に対する深い理解が欠かせない。構文教材は、こうした情報構造の深い理解とその運用を可能にしてくれるはずである。

第3は読解教材である。読解教材には論理的読解とテーマ読解が含まれている。前者は設問形式別の解法集にあたる。医学部入試では、空所補充の出題が多く、しかも選択肢型、選択肢プール型、選択肢語形変化型、欠文補充型、文整序型など設問形式も多様である。設問形式が変われば解法も変わる。あるいは英文の読解方法さえも変えなければならない。なにをどのように変えるのかを学ぶのが論理読解の教材である。また、医学部入試には医療倫理、安楽死、偽薬といった医学部独自のテーマがある。テーマが変わればそのテーマに固有の英単語の知識も不可欠となる。テーマ読解の教材は、医学部独自のテーマにそった単語知識やテーマ知識の獲得を狙いとしている。
TMPS医学館の英語講師は、受験生と共に考え歩むことをモットーにしています。

講師一覧に戻る

ページ上部へ戻る

入学資料送付のご希望やご質問等は、お気軽にお問い合わせください。

TMPS医学館 お問い合わせ TEL : 03-3365-4114 お問い合わせ受付時間 11:00-18:00

資料請求・お問い合わせフォームはこちら

入学資料送付のご希望やご質問等は、お気軽にお問い合わせください。

0120-142-764

資料請求・お問い合わせフォームはこちら

株式会社 東京医歯薬看護予備校 高田馬場校
  • 東京都新宿区下落合1-3-20
  • 03-3365-4114
  • 03-3365-4113