私大医学部合格なら医学部専門予備校TMPS医学館。少人数指導で合格する勉強法をお教えします!

  • TMPSとは
  • 講座案内
  • 講師紹介
  • 体験記
  • 合宿
  • 父母の皆様へ(PTSA会)
  • 校舎アクセス
  • メディア紹介
TMPS医学館 > 体験記 > 藤村剛志くん

合格体験記合格体験記

名前
藤村剛志
合格大学
岩手医科大学、杏林大学、埼玉医科大学、聖マリアンナ医科大学、東京医科大学、日本大学
進学大学

現在の学年
東京医科大学 2 年生
出身高校
岩手県立盛岡第一高等学校
高校卒業年度
2013年大学入学年度 2015年
いつから受験勉強を始めましたか。

高校3年生の秋からですが、きちんと勉強し始めたのは2浪目からです。

TMPS医学館に入学するまではどのような勉強をしていましたか。

英語は、文章題と過去問を解き、出てきた単語と熟語・語法を覚えました。数学は、Focus Goldを何周もしました。化学・生物は、高校で配られた問題集と資料集を繰り返しました。

TMPS医学館でどのような勉強をしましたか。

英語は、単語→熟語の順にひたすら覚えました。過去問は自分の苦手な問題形式を選び、先生に何度も質問しました。数学は、高校時代とほとんど同じですが、抜けがないようより細かい知識を詰め込みました。いろんな出題パターンを解いたり、先生に添削してもらったりして応用力をつけました。化学は、模試の復習をメインに、夏休み明けから過去問を解き始めました。理解しやすいように図表は自分でまとめていました。生物は、授業の予習復習をメインに取り組みました。過去問は授業で解いていたので、10月以降とりかかりました。考察問題だけはそれ以前から過去問に目を通していました。

TMPS医学館での思い出について教えてください。

夏合宿で怒られたことです(笑)。

TMPS医学館の良いところを教えてください。

先生に質問しやすいところ、使用自由のコピー機や自分専用の自習机があって、環境が良かったところです。

合格に結び付いたポイントは何だと思いますか。

自分、先生、親の協力体制をつくり、勉強を計画的に継続できたことです。

大学生活について教えてください。

人を救いたいという高尚な考えを持っている人は多くないので、失望する人もいるかもしれませんが、浪人生活に比べたら何百倍も楽しいです。受験も突破できないような人がやっていける世界ではないです。

受験生に一言お願いいたします。

ダラダラ勉強しても模試の成績は徐々に伸びていきますが、本気で受験を突破するためには、やる気を保つこと、作戦を立てて取り組むことが重要です。大学ごとに出題傾向が異なるので、受験当日までのロングスパンの計画と、直近でやる勉強に関するショートスパンの計画をうまく立てることが、勝利をつかむ鍵になります。頑張ってください。

ページ上部へ戻る

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせTEL:03-3365-4114 受付時間 11:00-18:00

資料請求・お問い合わせフォームはこちら

入学資料送付のご希望やご質問等は、お気軽にお問い合わせください。

0120-142-764

資料請求・お問い合わせフォームはこちら

株式会社 東京医歯薬看護予備校 高田馬場校
  • 東京都新宿区下落合1-3-20
  • 03-3365-4114
  • 03-3365-4113